川の見える窓から

ひとり暮らしの密かな愉しみ

MENU

栗塚旭主演「燃えよ剣」

岡田准一主演の「燃えよ剣」は当初5月下旬に公開予定だったのだけど、延期されたままですね。

そんななか、栗塚旭主演の「燃えよ剣」(1966年)を見ました。

時代劇専門チャンネルであと数回放送されます。(2020年6月29日、7月19日・25日放送予定)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あの頃映画 松竹DVDコレクション 燃えよ剣 [ 栗塚旭 ]
価格:2189円(税込、送料無料) (2020/6/8時点)


 

この映画、上にリンクを貼ったDVDではなく、VHS版を持っていて、途中までは見たような記憶があったんですよ。

テープを見ると、こんなところで止まっています。

f:id:yayoiren:20200608231934j:plain

なんかラブシーンが気恥ずかしくて見るのをやめたような・・・。せっかく購入したのにね。でも今回は最後まで見ましたよ。

ちなみにこのVHSは税込み3,914円。ケースに入っている「応募券」に’93.8とあるので、消費税3%の時ですね。

 

この映画は司馬遼太郎の同名小説が原作です。小説のセリフをそのまま使っているところもありますが、映画のストーリーは恋愛ものの要素が強くなっています。

小説の前半は宿敵・七里研之助との対決が大きな柱となっていて、映画もそこが主軸となっています。そのため映画では小説後半の内容は描かれません(岡田准一版「燃えよ剣」で柴崎コウ演じるお雪さんのこととかね)。池田屋事件直後で終わっています。

91分の映画で鳥羽伏見~函館までは無理ですよね。

 

この映画で好きなのは冒頭の、頬かむりをした歳三が、村の女たちに冷やかされる中、足早に歩くシーン。向こうっ気の強い、そして女がほおっておかない歳三がこのシーンから垣間見えます。

 

和崎俊哉が演じた近藤勇は、田舎じみたところのある、朴訥で鷹揚な、器の大きい人物を感じさせます。この近藤さんは私のイメージに合っているなあ。

 

敵役を演じたのは内田良平。さすがの存在感でございます。敵が強く憎々しいと主役が引き立ちます。

 

この作品はまず原作を読んでから観て、ストーリーを比べてみるのがお勧めです。

私はこの装丁の文庫本を持っています(古いです)。


 

小説の「分倍河原の決闘」の前と後の沖田総司の描写がいいです。(ほかにも好きな描写はたくさんありますが。)

例えば、「ちょっと色小姓にしたいような美貌である」。この一文だけで〝沖田総司″が浮かび上がると思いませんか? (この表現は映画には出てきません。)

映画での分倍河原の決闘や池田屋の闘いは見応えがあるシーンになっています。

(「分倍河原」という地名を目にするだけでつい、にやけてしまうのは私だけではないはずです。)

 

ところで、近藤勇虎徹がネットオークションにかけられているそうです。

special.sankei.com司馬遼太郎の『新選組血風録』に「虎徹という名の剣」という短編がありますが、その話と現実とがリンクしているようです。