川の見える窓から

ひとり暮らしの密かな愉しみ

MENU

投資で利益が出た話

今日もコロナのために休業中。午前中2時間散歩をして、午後は投資信託の銘柄選び。

 

どれがいいのかよくわからないので、結局1年前に金融機関の人に勧められたものを1万円分だけ購入。(何せチキンなもので大きな買い物はできません。)

それから保有している株の値動きをチェック。昨日よりも更に含み損が増えている。

わずかな投資額とはいえ心臓に悪いので、以前は株価のチェックはたま~にしかしていなかったのだが、最近は時間に余裕があるので小まめにしようと思っている。

 

小まめにチェックできるのは、時間だけでなく精神的にも少し余裕があるから。

最近、投資で少しだけお金が増えた。そのため儲けた分は損してもいいかという気持ちになっているのである。

 

何に投資していたかというと、金の積み立て。約9年前からほんの少しずつ積み立てて、先週、価格をチェックしたら何だか価格が上がっている。ということで一部を売った。

金の積み立てを始めた時に、金は乱世に強いということを聞いていた。それがこういうことか。

 

そして今は価格が高くなっていることから積み立て額を減らした。

何せ素人のやることなので、この動き方が正解なのかどうかわからない。詳しい人が読んだら何やってんだか・・・と思われるんだろうな。

 (感染するリスクの中、お仕事をされている方々、ありがとうございます。)